借金の完済は焦りすぎないこと

お札

借金というものができると一気に生活で感じるストレスが増える、とおっしゃる方は非常に多いです。

確かに借金ということに慣れていない人は、その返済に関して焦ってしまうのが普通のことなのです。 皆さんがご存知かは分かりませんが、カードローンや消費者金融というのは、利用者が合意すればその借金の返済額をいくらでも増やすことができるようになっています。

つまりは「毎月1万ずつ返しているけど、今月は3万円の返済をしよう」といってもそれが簡単にできるのです。 確かに返済額をこのように多くすれば、その分、借金はどんどん減っていきますので、これは良いことのように思えます。

実際にハウツー本などを読んでも、ローンの返済をどんどん繰り上げて当初設定した期間よりも早く返済していくことを励ます情報などもよく見かけます。 これはなぜでしょうか。 理由は簡単で、借金の元金というものを早期に減らしていけば、それだけ利子も減り、借金返済が長期的に楽になるということなのです。

ゆとりを持った返済が大事

しかし、ここにも当然落とし穴というものが存在します。

特に借金に慣れていない人は、毎月の返済額を最低限度に抑えて、できるだけ月額を増やさないことも必要なのです。 でもこれはいったいなぜでしょうか。

余裕があるときに、もし自分の限界一杯に借金返済をしてしまうと、当然のことながら手元のお金というのは減っていきますよね。 このことで借金の元金は減るのですが、自分自身の余裕もなくなっていくことになります。

例えば貯金がゼロになるまで借金返済をしたとしましょう。 そんな時に急な出費が必要になった時にはどうしますか。 きっと新しい借金の借り入れを利用しなくてはいけなくなるのです。 これではまさに本末転倒です。

本当に賢い債務者は、お金に余裕ができたときには全てを借金の返済に回すのではなく、自分で貯金もしておくことになります。 そうすることで新しい借り入れを防ぐことができるからです。 借金返済に必要なのは決して焦らない事です。

また、プロの力を利用するということも考えてみると良いかもしれません。 つまり行政の相談窓口や、弁護士さんに効率の良い借金返済方法を色々と聞いてみるということです。

借金を返済するというのはかなり時間がかかることがあります。 自分自身に余裕がなくなると、かなり生活も厳しく借金の返済も余裕のないものになってしまいますので気をつけましょう。

ただし、生活に余裕がありすぎても、それはそれで問題があります。 ですから生活をするのに無理がない範囲で毎月多めに返済をしていくことが大切です。 繰上げ返済も出来るだけ行うべきですが、ATMなどで返済する場合は、利用手数料のことも考える必要があります。 利用手数料が負担になるなら頻繁に繰り上げ返済を行うのではなく、数か月に1回程度とまとめて一気に返済を行う事をおすすめします。 負担の少ない借金の返済方法は、借入れしている金融会社の相談窓口スタッフに聞いてみるのも良いでしょう。 相談窓口のスタッフは多くの顧客の返済方法を見てきていますので、当然のことながら効率的な借金返済方法も熟知しています。 店頭まで行かなくてはならないので、気が重いかもしれませんが、その手間以上の利得はあるはずです。